かごの中

商品数
0点
合計
0円

特長

●製品の詳細

testo 872は、工業および建築分野での熱診断を素早く効率的に行えるサーモグラフィです。機械や設備のメンテナンスや建物の構造上の欠陥を調べる場面など、幅 広い用途で使うことができます。不適切な設定による撮影の失敗を防ぐため、新たに設定アシスト機能が搭載されており、条件に合う最適な設定で熱画像を撮影 できます。建物診断では、IFOVインジケーターやε-アシスト、スケールアシスト機能を使い、放射率(ε)や反射温度(RTC)、スケール設定が簡単に 行なえます。

●testo 872サーモグラフィで スマートワーク

testo 872は、スマートフォン・タブレットなどのモバイル機器と無線接続が可能です。iOS/アンドロイド対応の無料アプリ(testo Thermography App)を使い、データの転送や現場での解析、レポート作成、オンラインへのアップロードやメール送信が可能です。第2画面として熱画像をライブ表示する こともできます。

testo 872はクランプメーターtesto 770-3または温湿度スマートプローブtesto 605iと個別にBluetoothで接続し無線通信が可能です。それぞれの測定データをBluetoothで転送し、熱画像に組み込んで表示・保存がで きます。クランプメーターtesto 770-3で測定した電流・電圧・電力のデータから、電気的な負荷を考慮した温度測定が可能になります。温湿度スマートプローブtesto 605iと接続すると、表面湿度表示モードに必要な温度と湿度のデータが自動的に転送されるので、手入力の必要がなく便利です。

●testo 872 サーモグラフィの用途

赤 外線サーモグラフィtesto 872を使い、建物内でカビ発生のおそれのある場所や熱橋部の特定、構造上の欠陥や接合部の過熱箇所を早急に発見することができます。testo 872は工業・建築分野における日常的なメンテナンス作業や設置業務などで不良箇所を素早く確実に検知します。

●赤外線サーモグラフィ testo 872の特徴

testo 872は小型で操作性に優れ、高解像な熱画像を撮影できる赤外線サーモグラフィです。以下が主な特徴です。 76,800画素の高解像度な熱画像: 320×240画素のセンサを搭載。標準搭載のSuperResolution機能により、PC上で640×480画素の超解像画像を実現

・0.06℃以下の温度分解能でわずかな温度差も測定可能

・専用アプリを使い、モバイル機器を第2画面として熱画像の表示や、リモート操作、レポートを作成してメール送信、グループウェア等へのアップロードなどが可能

・Bluetooth接続による無線通信で、クランプメーター testo 770-3や温湿度スマートプローブ testo 605iの測定データを自動転送し、熱画像のデータとして保存可能

・可視カメラ付き。熱画像と一緒に可視画像を保存

・温度の異常箇所をホット/コールドスポット機能で、自動的にディスプレイに表示

・スケールアシスト機能:建物診断などで、屋内温度と屋外温度の入力により温度スケールを最適な設定に自動調整し、正しいスケーリングで熱画像を撮影

・ε-アシスト機能:専用マーカーを使って放射率と反射温度を自動的に設定し、より正確な温度測定が可能

・IFOV インジケーター:測定対象/測定スポットの最小直径(IFOV meas)をディスプレイ中央部に表示される四角いカーソルで表示。撮影スポットがインジケーター(カーソル)より小さいと周囲温度を含めて測定してしま うので、測定物との適切な距離をとる目安に利用可能

・付属の専用ソフトウェアをPCにインストールし、詳細な温度解析とレポート作成が可能

・熱画像をJPEGファイル形式で保存可能

●同梱品

本体(Bluetooth/無線LANモジュール付)、USBケーブル、ACアダプタ、バッテリ、解析用ソフトウェア、ε-マーカー×3枚、専用ケース、取扱説明書、出荷検査書

アプリケーション例



PAGETOP
  • お探しの商品が見つからない場合は、こちらから再検索をしてください。 
PAGETOP