システムメンテナンスのためクレジットカード決済を停止しております。
ご不便をおかけいたしますが、銀行振込(先払)または商品代引にてご利用いただけますようお願い申し上げます。

かごの中

商品数
0点
合計
0円

5B-002-07-07-119FBW アイソレーションケーブル NEW お取り寄せ

  1. RF(高周波)測定器 > オプション品・消耗品
商品コード:
22076
メーカー:
キャンドックスシステムズ
製品カタログ:
こちらからダウンロードください。
周波数範囲:DC~12GHz
電圧定在波比:1,25以下
標準減衰量:0,46dB/m 以下(@1,0GHz) 
1,59dB/m 以下(@5,0GHz)
インピーダンス:50Ω±2Ω
ケーブル長:119mm SMA(J)-(J)
発送日目安:
3週間
販売価格
24,420 円(税込)
数量

特長

●アンテナエレメントや、アンテナが一体化された情報 機器からの放射電力/受信感度特性測定や放射/受信パタ ーン測定時には、接続される測定用ケーブルが影響を与 えない様アイソレートする事が重要です。 接続ケーブル内部は信号を通し、外部導体は高周波帯 で導体とならない様アイソレートする事が必要となりま す。 何故ならば、この処置をしないで電磁波の測定を行いま すと、通常、被測定物の物理長よりケーブルの物理長が はるかに長いため、被測定アンテナエレメントに給電さ れる電力は接続ケーブル外皮にも流れ、このケーブルの 充分な長さのためケーブル外皮が良好な放射体となって しまいます。 携帯電話機等筐体内にアンテナが装着された場合でも、 筐体に流れる電流はケーブル外皮に流れ、ここから大き な電力が放射してしまいます。測定ケーブルに触れた り、引き回し状態が変わると測定値再現性が悪くなりま す。
従って、接続ケーブルからの放射により、正しい放射電 力値や受信感度値を求めたり、放射/受信パターンの測定 が困難となります。 一般には、このアイソレーターとして使用周波数のλ /4 スタブを作成しますが、正しく動作している事を確認 するのは容易ではありません。 また、測定者や他の金属などが近接しますとλ/4 スタブ の同調周波数がずれるなど専門的な知識と充分な注意が 必要です。  本器は一般の情報機器が使用する周波数帯を広帯域に アイソレートできる同軸構造接続ケーブルです。被測定 物給電点と測定用ケーブルの間に接続することにより、 同軸ケーブル内部を通る信号には影響を与えず、同軸ケ ーブル外皮側をアイソレートする事ができるケーブルで す。 お気軽に使用できるよう安価に製作致しました。取り扱 いも極めて簡単で、安心して測定ができるようになりま す。

用途

●携帯電話をはじめ、Bluetooth、無線LAN等の情報機器 及びアンテナエレメントの放射/受信パターン測定、放射電力/受信感度測定に

電気的性能

周波数範囲 DC~12GHz
電圧定在波比 1.25以下
標準減衰量 0.46dB/m 以下(@1.0GHz)
1.59dB/m 以下(@5.0GHz)
インピーダンス 50Ω±2Ω

代表特性

ケーブル長 107mm 両端SMA-P
同軸ケーブル外皮減衰量(当社トライアキシャル測定治具にて) 37dB / 800MHz
48dB / 1.4GHz
54dB / 1.9GHz
58dB / 2.4GHz
64dB / 5~6GHz

製品名の構成

PAGETOP
  • お探しの商品が見つからない場合は、こちらから再検索をしてください。 
PAGETOP